ホーム > インプラント治療に本当に必要なこと

インプラント治療に本当に必要なこと

表彰状イメージ

インプラントは、なぜトラブルが多い?

インプラントは、なぜトラブルが多い?
  • インプラントのトラブルは、体に無茶をさせるから起こります
  • また、リスクやデメリットについての十分な説明がないことも理由の一つです
  • 「安い・早い」はありえません
  • 体のもつ「ルール」に従うことが、成功につながります
インプラント手術イメージ
世の中には、「確実」「激安インプラント」「手術をしたその日に噛める!」といったうたい文句を使っている歯科医院さんが多数存在しています。

しかし、インプラントのトラブルが、最近問題になっています。
手術をした結果、痛みや出血が収まらない、神経に傷をつけ、マヒが残ってしまった……などのお話を聞かれたことはあるでしょうか。
そのようなトラブルは「安く、早く、うまく」できる、とうたっている歯科医院で起こりやすいと考えられます。

インプラントは、決して安価でできるものではありません。
そして、体に施す“医療行為”である以上、無茶はできません。

吉野デンタルクリニックの院長は、インプラントという技術が日本にやってきた頃からインプラントを学び、特に“チタン”という素材について、なぜ骨と結合するのか、ということを徹底的に調べてきました。
科学的根拠からもインプラントは、非常に理にかなった優れた手術であると自信を持ってお伝えできます。

しっかりとした手順を踏めば、世の中の歯科医院が言うとおり「自分の歯のように」「長期間安定して使える」義歯になりうるものです。

しかし、天然の歯と全く同じ、というものではなく、似て非なるものです。
そして、医療として確立されたものであるからこそ、“100%”ということはありえません。
チタンがいくら優れた素材だといっても、その患者様のコンディションや、入れる場所、状態によって“体が選ばない”こともありうるのです。

インプラント手術の成功には、患者様の顎の骨の厚みや密度、糖尿病や骨粗しょう症などの全身疾患、そして歯を失った部分の原因など、様々な条件が絡みます。また、その部分が壊れていた期間が長ければ長いほど、回復には時間がかかります。

いわゆる「トラブル」が起きる一番の原因は、そのような情報を十分に医師が説明せず、患者様自身が正しい認識を持たないまま手術が行われることではないでしょうか。

吉野デンタルクリニックでは、メリット・デメリットやリスクをお伝えし、ご納得の上で手術を行います。
その上で、様々な体のルールを守り適切な順番を踏むことで、“100%のインプラント”に近づけていくのが歯科医師の役割である、と考えています。