ホーム > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

治療の流れ

・2回の手術が必要になります
・個人差がありますが、十分な回復期間(2ヶ月~6ヶ月程度)が必要です
STEP1 調査・術前計画
 STEP1  調査・術前計画

レントゲン、歯科用CTを撮影し、顎の骨の形状・質を把握し、適切な治療計画を立て、説明いたします。

STEP2 インプラント植立手術(一回目)
 STEP2 
インプラント植立手術(一回目)

歯が抜けた部分の顎の骨にフィクスチャー(インプラント体のネジのような部分)を埋め込み、傷口を塞ぎます。

フィクスチャーが骨と結合するまで、2ヶ月~6ヶ月程度の回復期間が必要です。

※手術の際には、専門の麻酔科医が麻酔を行います
※さらに痛みを少なくする「静脈内鎮静法」と呼ばれる方法もあります

STEP3 アバットメント取り付け手術(二回目)
 STEP3 
アバットメント取り付け手術(二回目)

塞いだ部分を小さく切開し、フィクスチャーの頭に、アバットメント(フィクスチャーと歯を繋ぐパーツ)を取り付けます。

STEP4 仮歯装着
 STEP4  仮歯装着

仮歯を装着し、使用感を見て、実際に使う人工歯の作成に役立てます。

また、早いうちに骨に刺激を与えて活性化させることで、インプラントの定着が良くなります。

STEP5 人工歯作成・装着
 STEP5  人工歯作成・装着

型どったお口や、仮歯で得たデータ(しゃべりやすさ、舌の状態、咬み合わせ)を元に、人工歯を作成し、装着します。