インプラント治療の流れ│北区田端でインプラント治療の歯医者をお探しなら「吉野デンタルクリニック」

  • 平日

    9:00 - 13:00 / 15:00 - 19:30

  • 土曜

    9:00 - 13:00 / 14:30 - 16:30

  • 休診

    日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはお電話で 03-3894-0678

インプラント治療の流れFLOW

当院で採用している「二回法」の手術とは

当院で採用している「二回法」の手術とは

インプラントの手術方法には、「一回法」と「二回法」と呼ばれる方法があります。インプラント治療は、インプラントを埋め込むために歯肉を切開する必要がありますが、その外科手術が1回のみか、それとも2回に分けるか、といった違いになります。
外科手術が1度で済むならば、一回法が良いのでは、と思われるかもしれません。しかし、一回法は顎の骨の量が少ない場合は適用できないケースがあります。また、骨造成を行なった場合には、感染症のリスクが高まります。

二回法は、インプラントを埋入後に歯肉で覆って縫合。2~6ヵ月の治癒期間を経て再び歯肉を切開し、定着したインプラントにアバットメント(インプラントと人工歯をつなぐパーツ)を取り付けます。一回法では、アバットメント取り付けまでを1回の手術で終えた後に治癒期間へ入りますが、より安全にインプラントを定着させるため、当院では基本的に二回法を採用しています。

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

まずは患者さまのお悩みについてお聞きします。治療方法はインプラントだけとは限りません。より適切だと思われる治療方法を提案します。

カウンセリング

2.検査・治療方針の決定

当院で使用している3D-CTなどの機器を使用し、歯や骨の状態を把握。多角的に分析し、どのように治療を進めるか計画を定めます。

検査・治療方針の決定

3.歯周病・虫歯などの治療

歯周病や虫歯などの症状が見られる場合は、インプラント手術の前に治療する必要があります。インプラント治療は長い期間にわたって行なうので、お口の中を健康な状態にしてからスタートします。

歯周病・虫歯などの治療

4.インプラント植立手術(1回目)

歯が抜けた患部の顎の骨に、インプラントを埋め込みます。埋め込んだインプラントの上に歯肉を被せて縫合。傷口をふさぎ、インプラントと骨が結合するのを待ちます。治癒期間として、2~6ヵ月ほどを見込んでいます。 当院のインプラント手術は、麻酔科医が麻酔を行ないます。どうぞ安心して手術に臨んでください。また、痛みをさらに軽減する静脈内鎮静法という治療も行なっていますので、気になる方はご相談ください。

インプラント植立手術(1回目)

5.アバットメント取り付け手術
(2回目)

インプラントと骨が結合したのを確認し、歯肉を切開してアバットメント(インプラントと人工歯をつなぐパーツ)を取り付けます。

アバットメント取り付け手術(2回目)

6.仮歯装着・人工歯の調整

仮歯を装着し、噛み合わせ、発音、使用感などのデータをもとに実際に取り付ける人工歯を調整していきます。また、仮歯の装着は、早い段階で顎骨に刺激を与えて活性化させるので、インプラントの定着がより良くなります。

仮歯装着・人工歯の調整

7.人工歯作成・インプラント装着

調整した人工歯を装着。ここでも噛み合わせなどを入念にチェックし、インプラント治療が完了します。

人工歯作成・インプラント装着

8.メンテナンス

インプラントは周囲組織に炎症を起こすことがあります(インプラント周囲炎)。そうしたトラブルを避けるためには、日ごろからの歯磨きと、定期的なメンテナンスが不可欠です。ご家庭ではできないクリーニングや口内のチェックなどを受けていただくことで、インプラントをより長くご使用できます。

メンテナンス
ご予約・お問い合わせはお電話で 03-3894-0678
ご予約・お問い合わせはお電話で 03-3894-0678