ホーム > インプラント治療と歯周病について

インプラント治療と歯周病について

治療イメージ

歯周病は、歯を失う原因No.1の歯科疾患です

  • 慢性疾患であり、目立った症状がないまま進行することもあります
  • 治療の基本は、掃除をして、きちんとデータをとることです
  • 何より大事なのは、毎日のブラッシングです

インプラント手術と歯周病治療について

  • どちらも「天然の歯」をできるだけ残すために行います
  • 長く、健康的に噛むための咬み合わせを追求します
  • 必要最低限のインプラントを心がけています

気付かないうちに、歯が抜けてしまう原因が進行しているんです

歯周病は、歯を失う原因No.1の歯科疾患です
「歯周病」は歯ぐきや、歯を支えている骨といった“歯周組織”と呼ばれる場所が、細菌に破壊されてしまう病気です。
当院でも30代以上の患者様の多くに、歯周病の初期症状が認められています。

細菌のかたまりである歯垢(プラーク)が原因となる病気で、最初は歯ぐきの炎症、出血や腫れなどが起こり、ひどくなると骨に達して、歯を支えることができなくなり、歯が抜けてしまいます。

治療は、現状を把握したうえで掃除をし、炎症の少ない状態を保つことが主になります。
レントゲン撮影、ならびに歯と歯ぐきの隙間=「歯周ポケット」と呼ばれる部分の深さを測り、歯石を除去、そして歯科衛生士からの歯ブラシ指導を行います。

掃除を行った上で、毎日の正しいブラッシングと、定期的な検診を行うことで、効果的に予防をすることができます。

当院でのインプラント手術と、歯周病治療

当院でのインプラント手術と、歯周病治療
インプラントがいくら本物の歯に近いとはいえ、天然の歯と全く同じ、というわけにはいきません。
天然の歯には治癒能力がありますが、インプラントは経年で劣化をしてしまいます。

当院では、インプラント手術も歯周病治療も「天然の歯を残す」という共通の目的をもって行っています。
インプラントの良い点は、残っている歯に傷をつけずに行えることです。
残っている歯を歯周病治療で回復させ、全体のバランスや咬み合わせを見たうえで、必要な部分にインプラントを行うように努めています。