インプラント治療と補綴・噛み合わせ│北区田端でインプラント治療の歯医者をお探しなら「吉野デンタルクリニック」

  • 平日

    9:00 - 13:00 / 15:00 - 19:30

  • 土曜

    9:00 - 13:00 / 14:30 - 16:30

  • 休診

    日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはお電話で 03-3894-0678

インプラント治療と
補綴・噛み合わせ
Implant treatment&Engagement of the teeth

歯科治療の目標は咬合回復にあり

歯科治療の目標は咬合回復にあり

インプラント治療だけではなく、歯科治療の最大の目標は咬合回復にあります。
虫歯を修復するのも、歯周病の歯を一生懸命残すことも、健康な咀嚼機能を維持・回復することが生活の質を高め全身の健康に寄与すると考えられているからにほかなりません。
これは、歯科保健の目標の一つに「8020(80歳で歯を20本残す)運動」が掲げられていることからもわかります。

楽しく食事できることが日々の生活の活力になるだけではなく、脳の活性や認知症予防にも直接つながる報告が多くなされるようになりました。インプラント治療は、歯科医療の目的である咬合の維持回復を担う一手段なのです。

咬合の診査・診断と
トップダウントリートメント

咬合の診査・診断とトップダウントリートメント

咬合治療を成功させるためには、的確な診査診断が不可欠です。それを達成させるため当院では「シンラシステム治療」を採用しています。そもそもは、上下の歯をすべて失ってしまった無歯顎の患者さまに審美性と機能性を確保したよりよい総義歯を作製するために開発されたものでした。現在は、総義歯治療だけではなく、歯周病回復にための全顎的な治療やインプラントによる咬合回復にも応用しています。これを用いることで、歯の顔貌との調和や歯列の左右対称性、逸脱している歯の位置や顎関節の動きなど多くのことを診査できます。
それをもとに最終的なゴールを設定し、そこに向かって治療をすすめる真の「トップダウントリートメント」が可能であると考えています。インプラント治療においても、手術を安全に執り行うことはもちろん重要ですが、それと同時に、最終的な咬合状態を予測し、正確な位置にインプラントが埋入されることで適切なインプラント補綴が可能となり、理想的な咀嚼機能の回復につながると考えています。

インプラントによる咬合治療の概要と実際(PDF 1.9MB)

各種レーザーの応用と骨組織活性

各種レーザーの応用と骨組織活性

当院ではインプラント治療に各種レーザーを使用します。

繰り返し小外科を必要とするインプラント治療においては、侵襲の少ないレーザー治療は大変有効です。
近年は、レーザーによる硬組織(骨)活性も多く報告され、インプラント治療の短縮に大きな期待がもたれています。

デジタルスキャナーの導入
型取りのいらない時代へ

デジタルスキャナーの導入 型取りのいらない時代へ

歯科治療で多くの患者さまが苦手とするのが型取りではないでしょうか。一度くらいはつらい経験をお持ちのことと思います。現在、インプラント治療においてはデジタルスキャニング(光学印象)を採用しています。

光学印象は、印象採得による負担を軽減するだけではなく石膏模型によるゆがみや誤差を無くすことでより適合した補綴物を削合することができます。現在、すべての患者様に適応するにはもう少し時間が必要ですが、今後は咬合の分析等にも応用できると考え現在開発にかかわっています。

ご予約・お問い合わせはお電話で 03-3894-0678
ご予約・お問い合わせはお電話で 03-3894-0678