ホーム > インプラント

インプラント

インプラント手術イメージ ●吉野デンタルクリニックでは、徹底的に骨にこだわり、「理詰め」でしっかりとしたインプラント手術で、“10年噛めてなんぼ”の歯の実現に努めます●医療である以上、リスクをきちんと説明し、患者様のご納得をいただいた上で施術をします

インプラントとは

インプラントとは、骨に埋め込む人工の歯根のことです。
何らかの理由で歯を失った、抜けてしまった場所の骨にインプラント体を埋め込み、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。
インプラントのメリット
  • 他の歯を傷つけず、抜けた歯の部分を補うことができます
  • 噛む力がブリッジや入れ歯より強く、自分の歯に近い感覚で咀嚼することができます
  • 見た目にも美しく、通常のブラッシングで自分の歯と同じようにケアできます

インプラントにデメリットやリスクはないの?

自然の歯と100%同じではありません。
  • 人工の歯なので自然回復力がなく、どんなに丁寧にケアをしても経年による劣化は避けられません
  • また、骨の形状や質によっては、骨を造成する手術が必要になる場合があります
  • 全身疾患(糖尿病・骨粗しょう症など)によって、インプラントが定着しづらくなる場合があります
  • 数パーセントというごくまれな確率で、インプラント体が骨と結合しづらい体質があります

当院では基本的に「二回法」の手術を採用しています

同時にアバットメントを取り付けてしまう「一回法」と呼ばれる手術もあります。
手術が少ないという点では患者様の負担は少ないのですが、傷口が露出していることから、細菌感染してしまう可能性や、定着しないうちに力がかかるなどのリスクがあります。

経験だけではなく「理詰め」で段階を踏むインプラント手術

経験だけではなく「理詰め」で段階を踏むインプラント手術
インプラント体は、骨に埋め込むもので、骨と結合しやすいチタンという金属でできています。
長期的に噛む力がかかる部位ですので、インプラント体を埋め込んだら十分に骨とインプラントが結合(インテグレート)する期間が必要です。

その期間は個人差もありますが2ヶ月~6ヶ月とも言われています。
また、期間を長くすればいいというわけではなく、骨は使わないとすぐに痩せてしまうため、適切なタイミングで次の段階に進む必要があります。

従来では、その結合の度合いを、医師の感覚のみで判断していました。
当院では、「オステルメンター」という機械を導入し、インプラント体と骨の結合度合いを数値からも判断することで、より適切なタイミングで仮歯を装着することができるようになりました。

また、インプラント体と骨との結合を促進するために、当院では、骨折の治療に使う「超音波骨治療器」を使用し、早期に次の段階に進められるよう努めております。

オステルメンターとは

超音波骨治療器
もともとは橋桁のボルトの緩みを測定する目的で作られた機械で、インプラントと骨の結合を1~100までの数値で表すことができます。

手術時の痛みを少なくする取り組み

手術時の痛みを少なくする取り組み
当院では、手術時に麻酔科の専門医が麻酔を行っています。
また「静脈内鎮静法」という、眠ったような状態で手術を行うこともできますので、ご相談ください。

「なんでもかんでもインプラント」にしない、チーム医療

「なんでもかんでもインプラント」にしない、チーム医療
インプラントは非常に有用な治療法ですが、決して安いものではなく、患者様による向き不向きもあります。
各専門医の視点から、例えば矯正とインプラントを組み合わせるなど、その患者様にとっての良い選択を提案します。

もちろん、歯や骨の状態やご希望、ご予算に合わせて、入れ歯やブリッジなどの手段をおすすめする場合もあります。

吉野デンタルクリニックのインプラントの特徴

  • 歯科用3D-CTがあり、立体的に歯全体の状況を正確に把握します
  • インプラント黎明期より研究をしている口腔外科医が執刀します
  • 歯科麻酔の専門医が麻酔を行い、手術時の痛みをやわらげます
  • 数値で骨との結合を測定し、適切なタイミングで義歯をつけます
  • 「10年噛めてなんぼ」の保証を行っています