医院改装のご報告

―さらなる安心な医療環境を目指して―

2月6日から11日まで、院内の改装工事のため休診を頂き多くの患者様にご迷惑をおかけしました。この場をお借りし心から感謝申し上げます。
吉野デンタルクリニックも早いもので開院から13年が経過しました。つねに新しい技術と機器を取り入れながら、医療現場に不変な「こころ」を忘れないことを志してきました。
しかし、医療を取り巻く環境の変化、情報量は10年前とは比較になりません。
患者様にとってさらに安心で、安全な医療環境を整備し、院内をグレードアップするため、改装に踏み切らせていただきました。主な改装ポイントは以下5項目。

① 水質のグレードアップ:
院内を循環するすべての水を紫外線を利用した完全殺菌水にしました。

② 滅菌機器のグレードアップ:
従来より大学病院に準じてきましたが、エアータービンハンドピースを含め、滅菌機器を一掃。より安心でクリーンな医療環境を整備しました。

③ 手術室の増設:
インプラント治療を含め、多くの口腔外科手術の依頼を頂きます。より安心して手術を受けて頂くために、整備された手術室の増設は専門医としての義務と考えました。麻酔科医の立会いのもと、さらなるレベルアップに努めます。

 
ユニットも新しくなりました。

④ 床材の全面張り替え:
床だけでなくパーテーションも新装。

⑤ 研修室の併設:
研修を通してスタッフが情報を共有し、常に新しい知識と技術の研鑽に努めます。

最後に、多くの患者様にご評価いただき、心から感謝いたしておりますが、予約が非常にとり難い現状もございます。医療は想定外への対応も含め、必ずしも計画通りには進みません。また、患者様の緊急に対応していくことも、医療者の任務としてきました。しかしながら、予約を頂いている患者様の大切な時間を保守し、治療の質を低下させないためには予約の調整が必要です。ご不便をおかけしますがご理解頂きたく思います。
今後もよりよい医療環境を目指して努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
吉野デンタルクリニック
院長 吉野 晃