予防歯科

衛生士イメージ

当院では「担当衛生士制」を採用しています

患者様ひとりひとりに、歯科衛生士を担当させ、責任を持って掃除やメンテナンスを行い、ブラッシングやデンタルフロスの使い方の指導をいたします。

当院の歯科衛生士は、日ごろより勉強会を行うなど、技術を高め合う努力をしております。

フッ素塗布

フッ素塗布
むし歯の予防と、歯の再石灰化を促進させるフッ素塗布を行っています。
歯が生え始めた頃からいつでも塗ることができ、一度塗れば6ヶ月程度効果があります。
しかし、表面をコーティングするものではなく、あくまでも歯に吸収されて歯質を強化するものなので、日々のブラッシングが大切です。

また、レーザーを照射することでむし歯菌を殺菌・予防します。
ご家庭でのケアとして、フッ素洗口液「ミラノール」をおすすめしています
4〜5歳の永久歯の生え始めから14〜15歳の永久歯が生えそろう頃までの長期使用で、健康的な歯の育成の大きな助けとなります。
お気軽にお問い合わせください。

唾液検査

唾液検査
口内には様々な細菌がいますが、どんな菌がいるかは人によって違います。
むし歯のなりやすさや、歯周病のリスクなどは口内細菌の内容によって変わります。
唾液の検査をすることで、ご自身のリスクを理解し、予防や治療に役立てることができます。
当院は日本口腔検査学会の一員として積極的に検査技術の導入と、患者様への普及・情報提供に努めております。
簡易う触リスク検査
「う触」とはいわゆる「むし歯」の状態です。
う触の原因となる菌の量や、唾液の状態を検査し、むし歯のリスクを算出することができます。
むし歯がすでにある・特に歯の間にむし歯ができている人は、リスクが高くなる傾向にあります。
精密検査
  • むし歯に対する検査
むし歯の原因となるミュータンス菌の量と、それに抵抗するための抗体(IgA)の量を測定します

  • 歯周病に対する検査
唾液に含まれる、歯周病の原因となる様々な菌を分析し、リスクの高い菌種を特定します。
検査は一種類から数種類の菌を測定することが可能です。